行先はどちらだったのかしら?

この間、次女と2人で出かけた際に中学校らしき男児が気持ち良さみたいに地下鉄の中で気持ちようさみたいに寝てました。寝顔は未だ素晴らしい顔つきで。きっとご父兄には反抗していそのターミナルは終点で本来こういう中学校らしき男児は下車していいはずなのですが、人類がその地下鉄に乗り込んだ際に気持ちよさみたいに寝ていたのです。起こしてあげようかそれともほっとくべきか次女と話していたのですが、「これも見聞」と次女の反動を聞きほっときましたが気になり目線を離すことができずにいました。
出発のアナウンスされ玄関が閉まるときに目覚め、あたりをキョロキョロ自分の辺りが分かっていないみたいでした。
「○○ターミナルよ。」と教えてるとにっこりと笑い直ちにバツがわるかったのか持っていたリュックで顔つきを隠しスマホを取り出し、連絡をしていたようです。1ターミナル2ターミナルを乗り過ごしたのではなく随分と遠くまできてしまったような雰囲気でした。
地下鉄の振動は、うれしくウトウトしてしまい、我々も何度も寝過ごした見聞があり目線が覚めたときの驚愕とバツの悪さはずいぶん言えませんね。
恋人は無事に行先まで行けたのか・・・。キレイモの店舗が気になります

京王れーるランドに行ってきました

京王れーるランドは京王線「多摩生き物公園駅舎」に隣接している鉄道美術館です。近頃、列車がオススメスポットは2歳の息子と一緒に行ってきました。入館料金は3歳以上250円と安いのですが、CGシミュレーションソフトを使って作業士氏の気分になれる作業事例が1回300円、ジオラマを走る雛形の列車を操作できる事例が1回100円、耳より列車の乗車が1乗車100円と、ちょっとずつお金がかかるのが気になりました。うちの子どもはまったくちっちゃいので耳より列車に1回乗り、無料のボールジムで遊び、たくさんのプラレールで遊んで大幸福でしたが、しばし大きくなって何だかんだやってみたくなったら大変なあと思いました。プラレールで遊んだのは何とかでしたが、レールや踏切、駅舎、鉄橋や高架など、はなはだしばしばできていて、息子も楽しそうにしていました。今年のクリスマス贈呈にいいかも、なんて、まったくなんとも要所ですが考えました。今回は昼過ぎから行ったのですが、今度はお弁当をもって一日試合に行きたいです。ストレスニキビには、保湿がオススメです

名画座の魅力にゾッコン中!

近所の名画座に映画を観に行きました。ここは、いつも少し古めの映画を2本立てで上映していて、料金は1本分なのでとってもお得なのです。

ただ、映画2本といったら合計4時間くらいかかります。だから観たあとは、だいたいお尻や腰が痛くなります。Junges Model wirbt für Produkt

休憩時間は少しでも足や腰をのばしておかないと、帰り道はギクシャクとしたヘンな歩き方になってしまったりして。

それにのどが渇くしお腹も減るので、パンやおにぎり、お水なんかを持参しなければなりません。そして、退屈な映画のとき用に、眠気覚ましのコーヒーも必須。

だから、名画座に映画を観に行くときは、必ず大荷物になってしまうのです。
それでもステキな映画と出会る確率は、2本立てだから2倍の計算。これは映画マニアとしてはやめられません!

ずっと通っていると、なんとなく顔なじみもできて、映画の合間にチョコっと感想を話したりするのもまた楽しいのです。
「へえ、そんな観方もあるんだ!」と新鮮な驚きがあり、ますます映画が好きになっていきます。